真空成形・粉末造形・積層造形・樹脂切削・工業用試作製造会社の樹脂リードモデル|神奈川県

真空成形

型製作から仕上げまで一貫して対応します

弊社最大のメリットは、真空成形の過程における型製作→成形→加工→仕上げ が一貫して内製で行える事です。

これにより、納期の短縮及びコストの削減につながりますと共に、不具合のチェックも容易になる為、クレームの大幅な減少に貢献し、お得意様より喜ばれております。

では、その工程を順を追ってご説明しましょう。

 

型のケガキ線に沿ってトリミング、穴あけ加工

彫刻機、ルーターなどを使用しハンドワーク中心

中~大ロット

NCを使用し、トリミング、穴あけ加工

仕上げ

バリ取りを行います。

検査

目視による外観検査(キズ・バリ等)

検査冶具、測定器による寸法検査

出荷

以上、全てを社内で一貫して行っております。

 
樹脂リードモデル
emidas-pro
有限会社樹脂リードモデル

〒252-0002

神奈川県座間市小松原1-16-31

TEL:046-266-4131

FAX:046-266-4143

木 材 樹 脂 金 属
長所 ・加工費が安い ・加工が容易 ・表面状態が比較的よい ・型修正、デザイン変更が可能 ・価格が比較的安い ・納期が短い ・表面状態がよい(鏡面可) ・強度、耐久性がよい ・温度管理が可能(加湿・冷却)
短所 ・表面状態が悪い ・ヒビ割れや継目が出る ・製品に木目が出る ・シャープな形状や高精度製品 には不向き ・熱管理が出来ないため大量成形には不向き ・型目、継目が少し出る ・価格が高い ・納期がかかる ・鋳造品はピンホールが出来やすい
用途 ・試作用 ・試作用 ・小ロット量産可能 ・量産用
耐用 ・一から数十ショット ・一から小ロット量産 ・大量生産
材質例 ・ひめこまつ ・ヒノキ ・あかまつ ・エポキシ ・ポリエステル ・フェノール ・鉄 ・アルミ ・亜鉛合金

型について

他の成形方法との比較

型の材質

加工方法

成形プロセス

真空(圧空)成形 射出成形 ハンドレイアップ法(FRP)
サイズ 大型可 設備による 超大型可
色の変更 材料からの選択が自由 大ロット対応  
外観 △~○ 圧空の場合射出成形に匹敵 非常によい △~○ 仕上げが必要 裏面の意匠性は悪い
形状 深絞り可能 形状の制約が少ない  
アンダーカット 入れ子型などにより可能 対応可能 スライドなどにより型が高価 △~× 困難(別ピースになる)
使用可能材料 熱可塑性樹脂全般 塩ビ系が苦手 熱硬化性樹脂が主体
適正ロット     小~中ロット    大ロット   小ロット
後加工 外周トリミングや穴あけ加工が必要 軽いバリ取り程度 × 困難
試作確認 試作型により容易に出来る 設変対応可能 × 難しい(手加工必要) 設変対応困難 簡易型での試作可能
型費用   ×    
型製作期間   ×    
製品納期   金型が出来れば早い ×  

真空成形を使った製品紹介

建設機械インパネ試作

建設機械インパネ試作

使用材料カイダック
真空成形用型→成形→トリミング→仕上げ→塗装まで内製で製作。

ボトル形状試作

ボトル形状試作

使用材料ABS
大型の試作・量産は真空成形が有利な場合も多いです。

自動車オーディオ化粧パネル 量産

自動車オーディオ化粧パネル 量産

使用材料ABS
真空成形後水圧転写にて表面処理。

偏光計カバー 試作・量産

偏光計カバー 試作・量産

使用材料カイダック
真空成形雌型にて製作。写真は試作品ですが、量産へ移行しました。

偏光計カバー 試作・量産

柱装飾品

使用材料PET
大きさ500×1200の真空成形品です。

加工について

試作及び小ロット